トリコロールに染まってく

サッカー初心者。自分がマリノスに染まっていく過程を記録中。

熱中症(メモ)

ついでに、熱中症についてもメモ。


・前日、普段より早く就寝。

・普段通り朝食をちゃんと食べた。

・前日も起きたときも体調に問題なし。

むしろ、万全な状態だったと思われる。


・人身事故でダイヤが乱れ、自分の力で立っていられないほどの超満員に乗車。

・つり革を掴んでいる人の腕から汗が流れているほど、車内は蒸し風呂状態。

・通常乗車時間の3倍の時間をかけて乗り換え駅に到着。

乗り継ぎのため、急いで移動。

この段階で頭痛はしていたが、そこまで酷いわけでもなかったので問題視せず。


・エアコンの効いた電車に5分乗車。

・降車駅に到着。歩き始めて5分程して水分補給。一口飲んで急に吐き気に襲われる。

・あと5分程行けば職場に着くのでとりあえず歩く。

この段階でかなりフラフラ歩いていたらしい。本人ふらついている自覚なし。


・職場到着。エアコン効いてて涼しいなぁ、と思ったらズッキンズッキン頭が痛くなり、吐き気も酷くなって、立っていられなくなる。

・座り込んだら最後、そのまま吐き気と頭痛と格闘。

この段階で意識が朦朧としていたらしい。

職場の人の問いかけにちゃんと答えられてなかったと。

本人ちゃんと答えてるつもりだった。


・水分とると吐き気が酷くなり、足首や脇の下などに氷をあてて冷やすも、なかなか回復しない。

・座っていることもしんどくなり床にそのまま横になる。

・目の痙攣、足と腕の痺れを感じる。

この頃救急車が呼ばれる。


・救急車が到着し、救急隊員に立てるかと聞かれ頷くもまったく立てず。

・動かされた途端に過呼吸になる。

・顎が痙攣し、歯がガチガチ鳴る。

・大きくゆっくり呼吸するように言われるもコントロール出来ずただ苦しいし、吐き気が治まらない。


・救急車の揺れで吐き気に拍車がかかる。

吐きそうになった時に、同乗してくださった会社の人が、『吐くー!!』と叫んだことははっきりと記憶にある。


・病院到着。頭のCTIを撮ってから処置室に運ばれる。

点滴の針が刺さった記憶はあるが、いつの間にか採血されていたらしい。


・点滴開始から程なく、視界と頭がクリアになってくる。歯のガチガチも止まる。

・15分位でほぼ回復。なんだったのだろうか?と思うほどに元気に。

・会社の人と笑って話せるほど回復。

・検査も特に問題なく、運ばれてから1時間程で病院を出る。


結局この日はそのまま帰宅。

自力で帰れるくらいに回復していたけど、やはり家に辿り着いて横になったらそのまま寝ていた。

疲れていたのか、疲れたのか。


朝水分もとってから家を出ていたし、何が問題だったのか…

元気だと思っていたから頭痛もスルーしてしまったし、まさか自分が熱中症になるとは思っていなかった。

喉が渇いてからでは遅い。

知っていたのに、後手に回った。


フラついている自覚もなければ、喋れていない自覚もない。

大丈夫だと思っている間に大丈夫じゃなくなっている。

それが怖いところ。


朝からたくさんの人にご迷惑をお掛けしました。

しかし、扇風機運んできてくれたり、氷あててくれたりと対処していただいたおかげで、回復も早く助かりました。

改めて感謝を。

ありがとうございました。


ここのところ涼しい風が吹くようになってきたけど、まだまだ油断せずにいきましょうかね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。