トリコロールに染まってく

サッカー初心者。自分がマリノスに染まっていく過程を記録中。

GIANT KILLNGを読みつつ

巻数的にはまだ全然読めていないが、結構色々なことを考えさせてくれる。

クラブやサポーター、の考え方という面で特に。


最近、サッカーは経営的に厳しいチームが多いというニュースを読んだばかり。

ビジネスである以上、色々な思惑が交錯しているのは当然のこととは思うが、なかなかどうして・・・。

プロとして、仕事としてプレーしている以上、楽しむだけではダメで、目に見える結果が求められるのは必然で。

わかる話だが、それでも自分の応援しているチームの選手たちが楽しんでプレーをしている姿を見たい、と思う。

契約の話もチラホラ出てきている今、残ってくれる選手も出ていってしまう選手も来てくれる選手も、みんな新しいシーズンを楽しんでほしい。

で、そんなチームを楽しみながら応援したい。

正直、ブーイングって自分にはよくわからない。

愛あるブーイングってなんなんだろか?

誰に対してもリスペクトの気持ちを持つって大切。本当にそう思う。


『クラブっていうのは木のようなもの。

 木が立つには土と水が必要。

 土は環境、地元。

 水はサポーター。

 葉は選手。

 木の状態が葉に出るように、クラブの状態は選手に出る。』


汚れた土でも汚れた水でも木は養分を吸い込んでくれるけど、色々と影響は出る。当然葉にも。

必要要素が全部葉の求めるものであれば、きっと見上げる度に泣きたくなる程立派な葉になるのだろう。

けどまぁ、それは難しいこと。

ならせめて求められる水を目指したいが、さて、『求められる』とはどういう感じなのだろう?

そして、マリノスにとっての太陽ってなんなんだろ?


なーんてごちゃごちゃ考えるから進まない。

そして明日は資格試験。

はよ寝やなな。



やっと2週間切ったのか。

長いなぁ。




-

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。